春の花

ぺラルゴニウム
ぺラルゴニウム

花ことば:君ありて幸福・真実の愛


多年草
ゼラニウムの仲間です!


1年を通して日当たりと風通しの良い場所で育てた方が良いですが、真夏は西日の当たらない所が適しています

乾燥気味を好むので水やりは表土が乾いたらたっぷりと水をあげましょう
冬は生育が止まるので水やりは土が乾いて数日たってからあげるようにしましょう

葉が落ちて、ニョキニョキと伸びた先に葉っぱが少し付く状態になったときの解消法!
解消法は2つあって、1つは茎を挿し木にして株を作り直すか、伸びた茎が埋まるくらいに植え替える。
先をちょっとずつ切って短く仕立てて切り戻す。

カンパニュラ・ベルフラワー
カンパニュラ・ベルフラワー

花ことば:感謝・大切な人

多年草

見栄えも良く、花が株を覆うように咲くのでハンキングやコンテナ栽培にも適しています
花が株を覆うように咲くので蒸れやすくなるので、風通しが良く湿気の少ない場所で育てる事がポイントです
夏は茂った葉を間引いたりしてあげましょう。

水やりは十分に土が乾いてからたっぷりと与えましょう
日中に水やりをすると水が蒸発して株が蒸れてしまうので、特に夏は朝か夕方に水やりをしてあげましょう

花が咲いていないときは水やりを控え、乾燥気味に育てましょう!

ペチュニア
ペチュニア

花ことば:心のやすらぎ

日当たりの良い場所で育てましょう
日照不足になると花付きが悪くなるので注意しましょう

花びらが落ちた後は種が出来るので株の栄養を取られないように、花茎の付け根から切り落とします。
株が大きくなってくると、根元の方は茎が伸びずに花が付かなくなります。
生育中に一度思い切って切り戻すと、根元の方から目が出てきて立派に咲くようになります!

長く楽しむコツは、伸びすぎたら切り戻して肥料をちゃんと与えるのがいいです!

切り戻す→肥料→咲く

切り戻して風通しが良くなると、植物全体のダメージも少なく夏越ししやすくなります