夏の涼しげな花

ブルーキャッツアイ
ブルーキャッツアイ 花言葉:気まぐれ・心変わり

夏の瞳のようなブルーの花を咲かせるので、花の名前が「ブルーキャッツアイ」となったそうです。

日当たりと水はけの良い場所を好みます
耐暑性は強いです。

2年に1回を目安に、5~6月頃植え替えをするといいです

肥料もそれほど必要としないので
手間がかからず育てられます。

プランターに寄せ植えにしておけば
小さな花園ができ、花が青く涼しげな花なので
おすすめです


1501395724954
スパティフィラム 花言葉 清らかな心・包み込む愛

育て方のポイントとして、直射日光を当てずに
明るい日陰などで育てるのがポイントです

強い日差しに当たると葉焼けを起こし、変色し
枯れてしまいます

生育が良く、根詰まりを起こすと枯れてしまうので、植え替えは1~2年に1回
大きな鉢に、植え替えましょう

株分けも簡単です

株分けの仕方
・株を鉢から抜き根に付いた土を手で落としましょう
・傷んだ根をハサミで取り除く
・株を手やナイフを使って2~3つに分ける
・それぞれの株を植え付けた時と同様の土を入れた鉢に植え替えましょう
・新芽が出るまで日陰で管理
・新芽が出たら明るい日陰に移しましょう

1501395784626
ほおずき 花言葉:自然美

お盆になるとよく見かけるようになるほおずきです
ほおずきは、赤いちょうちんがぶら下がったような姿が愛らしく昔から親しまれてきました。

 初心者でも育てやすく、耐暑性も耐寒性も強いです

 夏には全国各地で「ほおずき市」が開かれます

東京では浅草の浅草寺のほおずき市が有名です
暑いですが、私も一度行ってみたいと思いました

ほおずきは水につけておくと皮のスジが固いのでスケルトンになり、中の実がそのまま残ります。 是非オタメシしてください