ドライフラワーにオススメ! バラ・スターチス・千日紅

今人気のハーバリウムの中に入れたり、そのまま飾ってもオシャレに見える
[ドライフラワー]

暑くなり、花を飾りたいけど、生花は大変だなと感じる方
ドライフラワーを飾ってみませんか

今回は当店にもある、ドライフラワーにしやすい花を紹介します
バラ
【バラ】
さすが、バラです
切り花でも、鉢物でも人気のバラは、ドライフラワーにもしやすい花です

ただ、バラはドライフラワーにすると、本来の色とは雰囲気が変わってきます
生花の時よりも黒っぽくなることが多いです。
例えば、深紅のバラは黒っぽくオレンジ色のバラは赤っぽくなります

どんな色になるのか想像して花を選ぶと楽しいです
スターチス
【スターチス】

生花の時からカサカサした触感で、ドライフラワーになりやすい花です
色の種類も豊富で、
ドライフラワーにしても、生花の時と色がほとんど変わらず楽しめます


千日紅
【千日紅】

この花も、生花の時からカサカサとした触感でドライフラワーにしやすい花です
千日紅は、当店では苗で入荷しています
初夏から秋まで長く咲く花なのでたくさんのドライフラワーを作ることが出来ます


ドライフラワーを作る時、ドライフラワーにしやすい花を選ぶのも大切ですが
もう一つ大切なのが、花が新鮮なうちからドライにし始めるという事です
花が咲きすすんでからだと、色がきれいに出なかったり、花びらがぽろぽろと落ちてしまったりします

まだまだ綺麗に咲いているからもったいない!と感じるかもしれませんが
長く楽しむためです・・・
作る時は、もったいないと思わず思い切って新しい花で作って下さい