スタッフブログ

エアープランツ
今日は
エアプランツについてご紹介します

ご存知の方もいるかもしれませんが
その名の通り"空中で"生きていける植物のことです!

なぜ土から離れて平気なのでしょうか???

普通の植物は土に根を張って
土中の水分と栄養を吸って生きていますよね

対してエアプランツは
空気中の水分と栄養を吸って生きているんです!

葉っぱのように見えるものが
実は根っこの役割も果たしているんですね
エアープランツ
そのため
置場所を選ばないこのエアプランツ。

自然界ではもともと
砂漠や暑い所で
石に転がったり木に引っ掛かったりして生きています
エアープランツ
育てるのに気をつけることはひとつだけ。

それは水やりです。

子供の頃
理科で習った「気孔」というものがエアプランツにもあり

それは夜にしか開きません。

砂漠なんかで日中に口を開けっ放しにしていたら喉が乾いて死んでしまいますもんね☺️

その為、水やりは日中ではなく夕方から夜にかけて

霧吹か水を張ったバケツに一晩放り込んでおきましょう!

湿度の目安は約60%の為
梅雨時期は
水やりは必要なさそうですね❗️
IMG_20171014_0736221
最後に
エアプランツは特徴として
一生に一度しか花を咲かせないそうです。

花が咲き、胞子を撒いたら
死期が近いことを悟りましょう。笑
セントポーリア
セントポーリア

花言葉:小さな愛

過湿に注意しましょう

水やりは乾かし気味でOKです!
乾燥には強いので、水の与えすぎに注意しましょう
たっぷり与えて水をしっかり切ってから戻してあげましょう

 花がらや、傷んだ葉は取り除きましょう。 レースのカーテン越しの日光が当たる窓辺に置いてあげましょう!

 色もピンク、白、青、など豊富なのでお部屋のあちこちに置いて楽しんでみましょう。
バラ
バラ

花ことば:情熱

バラは年中咲きますが、冬に咲かせる為には10月に出てくる一番花を少し早めに切り戻しましょう

日光に良く当ててあげないと蕾が出てこれないので、太陽の光をたくさん当たる所へ置いてあげましょう

水やりはあげすぎないように、乾かしぎみにあげましょう。
あげるときは土が乾いたらあげるでOKです。

冬は肥料の追肥を施さなくてよいです。
五色トウガラシ
五色トウガラシ

花ことば:旧友・生命力

観賞用トウガラシなのでパプリカみたいで美味しそうですが、食べられません。
目で見て色の変化を楽しみましょう

日当たりの良い場所を好みます

トウガラシは通常一年草ですが、五色とうがらしは多年草です。
暑さには強い植物ですが、寒さには弱くて霜に当たると枯れてしまいます

根が浅くしか張れないので水切れしやすいので土が乾いていたらたっぷりと与えて下さい!



かすみそう
翌日のカスミ草です だいぶ濃い色になってきました。 黄色が少し色がわかる程度になり、もう少し 時間をかけてみようと思います。 もう変わらないかもしれませんが やってみます!
かすみ草
かすみそう

IMG_6904

アピタ島田店内

   はなや美草では・・・


店頭来店にて   

          SNSで投稿!


もしくは        シェア       してくれた方!



お花  プレゼント  あります。(^o^)


お待ちしております


ご協力お願いします

かすみ草
青い花、赤い花、黄色い花、

かすみ草を染めて青、赤、黄色に染めています。

只今4時間経過の様子。
どんな色に仕上がるか楽しみです。

色を付ける染料は花専用の液を使って
1日かけてゆっくり染めていきます。

カーネーションや、薔薇、百合 なども
綺麗に染まります。

明日また様子を報告します。
お楽しみに。。。
花束・アレンジメントの通常ラッピング・メッセージカード無料で承っています。
scroll-to-top