島田市花屋 お祝い胡蝶蘭

お祝いの胡蝶蘭
お祝いの胡蝶蘭
華やかですね!
お届けします。

お祝いの胡蝶蘭

新たな事業のスタートや新店舗のオープンは、企業様や店舗様にとってまたとない大切な特別な日となります。
そんな門出には「幸せが飛んでくる」の花言葉と、鉢植えのお花が持つ「根付く」という意味で、今後の末永い発展を願う贈り物としてよく選ばれており、まさにこれから新たなスタートを切っていく開店・開業・開院祝いには最適です。
多くの祝い花で賑わう中でも埋もれてしまわない豪華な存在感で、心に残るお祝いを演出します。


・開店
・開業
・移転
・リニューアル
・就任祝い
・設立
・周年祝い
・当選
・上場
・新築
・落成
・受賞
・優勝
・定年
・引退
・退職
・誕生日
・結婚
・出産
・敬老の日
・母の日
・長寿のお祝い



名札
無料で付けることができます。


ラッピング
胡蝶蘭は、用途に合わせてラッピングをします。お祝いと言っても、受賞のお祝いや、お誕生日、開店祝いなどいろいろな用途があります。また、開店するお店の内容などでもラッピングを細かく変えています。選挙などでも良く利用されますね。選挙の時は、その方のイメージカラーでラッピングしますよ^_^
つちやでは、法事などでは良く利用されていますが、あまり葬儀には利用されていません。他の地域では葬儀にも胡蝶蘭を飾るようですね。



胡蝶蘭(生花)をいただいたら
直射日光をさけてください
エアコンや扇風機の風が当たらないところで管理してください
窓辺に置くのであればカーテン越しにうっすら光があたる程度の場所が良いです 明るい日陰がおすすめ
風通しのよい空気が動いている場所で管理してください
屋外は避けてください
室温は20℃くらいがベストです 15℃以下にならない場所がおすすめ
水やりは季節や置き場所にもよりますが、10日に1回くらいで大丈夫です



お花の処分はどうするの?
開店やお祝いなどでたくさん胡蝶蘭を頂いたけど、枯れてしまった後の処分はどうすればいいの?

胡蝶蘭は、丁寧に育てれば、数十年は生きられると言われています。ですから花が落ちてしまったからと言って、処分してしまうのはもったいないのです。そのまま育て続ければ、毎年綺麗な花を咲かせてくれるかもしれません。
しかし、花が終わってしまった胡蝶蘭はそのまま置いておくわけにもいかず、置くスペースが確保できないなどの理由から処分する時期がきてしまいますよね。
気持ちがこもったものだけに、処分するタイミングが難しく、捨ててしまうには心苦しいですよね。
そんな時に便利な方法は・・・


処分の仕方をご紹介します

1.つちやで回収をしています。
1回の量が胡蝶蘭5鉢以上から承ります。
他店から頂いた胡蝶蘭も回収します。

基本料金 処分費用1鉢500円(税込み550円) 
旧市内 出張費無料回収(近隣地域 出張費別途(距離による))
持ち込みで1鉢分サービス 

当社 胡蝶蘭回収について詳しくはこちらをクリック!

お問合せ、お見積りはお気軽にお問合せください
お問い合わせはこちらをクリック

2.胡蝶蘭を分解してそれぞれ分別してごみの日に出します。
胡蝶蘭の鉢には様々な種類の資材が使われているため、それぞれ別けて捨てなければなりません。資材の仕分け後は、地域のルールに従って分別してください。

3.業者に回収を依頼するという捨て方もあります。
各地域の回収業者を調べてお願いすることができます。
業者によっては引き取り料金や回収方法も様々です。胡蝶蘭の処分費用料金は、一鉢で1,000~2,000円前後(送料別途)のところが多いようです。