島田市花屋サスティナブルSDGsの取り組み

SDGs (エス・ディー・ジーズ)サスティナブル への取り組み

サスティナブル SDGs
薔薇風呂と言いたいけど、薔薇だけじゃなく他にも花が入っています。
だいぶ咲いてしまった花を集めてお風呂で再利用です。
本物の花の香りでリラックス。作った香りと違い優しい心地良い香りです。
サスティナブル
つちやではSDGs(エス・ディー・ジーズ)サスティナブルへの取り組みとしてロス花を出さない工夫をしています。
花屋の一般的なロス花(処分花)は40%〜50%といわれています。これは、花の競りの単位にあります。花屋は市場から花を仕入れますが50本〜300本単位で仕入れなければならない花が多く、5本しかいらなくても100本しいれなければならないのです。多く仕入れしすぎた花をロスにしてしまうことがあります。
つちやでは、ロス花を出さないようにいろいろな取り組みをしています。
その中のひとつとして、ドライフラワーにして販売することをしています。
サスティナブル
つちやフラワーの支店、アピタ島田店の中にある「はなや美草」で販売しています。オープン当初からこの取り組みをしています。最近のドライフラワーブームもあり、結婚式やギフトに利用していただくお客様が増えています。今回のイニシャルフラワーでも一部使用しています。
そして、SDGs サスティナブルの取り組みとして、花の切りくずなど生ゴミとしてつちやフラワーから出る支店の生ゴミも含むすべての処分を肥料として使用しています。これは20年近く継続しておこなっています。
つちやフラワーでは、できる限り環境に優しく自然に返すよう努力をしています。

SDGs (エス・ディー・ジーズ)サスティナブルとは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」
経済・環境・社会の各側面における「持続可能な開発」を目指す、先進国にも途上国にも共通する国際社会の目標です。

「持続可能な開発」とは、将来の世代のための環境や資源を壊さずに、今の生活をよりよい状態にすることです。

そのためつちやフラワーではロス花を出さない工夫をしています。

地球の環境を壊さず、資源も使いすぎず、未来の世代も美しい地球で平和に豊かに、ずっと生活をし続けていける社会を土屋フラワーではお店ができることとしてできることを行っていきたいと思っています。

インスタグラム情報