花屋が教える花を長が持ちさせる方法

 花屋が教える  花を長が持ちさせる 方法 

★切り花を長持ちさせるコツ  教えちゃいます★

花束















1輪飾るだけで暮らしに潤いを与えてくれるお花。

おうちにあるものを使って普段花を飾らない方にも気軽に楽しむコツをご紹介します!


空きビンやコップなどを利用していけてみましょう。




Step1
葉と茎の処理をする
水が腐るのを防ぐため、水に浸かる余計な下葉は取りましょう。また、茎は斜めにカットしましょう。茎は斜めにカットすることで水の吸い上げがよくなります。







Step2
お花の高さは器と1:1
おうちにある空き瓶やコップに、お花と器が1:1になるように飾ってみましょう。バランスよく飾れますよ。2本以上を飾るときは、高さに少し差を付けてみるとおしゃれに飾ることができます。






Step3
切花専用延命剤(栄養剤)を使って長持ち
切花専用の延命剤(栄養剤)を使うことで花の咲き方が変わります。花の持ちも良くなります。切花専用の延命剤(栄養剤)には花のエネルギー源となる成分が入っています。また、水を清潔に保つ抗菌作用があることからお花を長持ちさせてくれます。お花を長く楽しめるように切花専用の延命剤(栄養剤)を活用してみましょう。
店頭にて販売しています。




★こんなことをするともっと長く楽しめます!


1.(冷暖房の風含む)を当てない


2.できるだけ涼しいところにおく


3.花器・茎をよく洗って、水と切り口を清潔にする(水は少なめに)


4.葉や小さすぎるつぼみを適度に取る


5.花粉を取る(特にユリの仲間)


6.咲き終わった花を取り除く


7.切り花延命剤(栄養剤)を活用する

店頭にて販売しています


 おしらせ←クリック 


アレンジメントの楽しみ方




Step1
セロファンを外す
アレンジメントは届いたときにお花が痛まないように保護用のセロファンに包まれています。お花が蒸れて傷んでしまうので早めに外して飾りましょう。





Step2
お水をあげる
お届けの際にお水がこぼれないように、最初は水量が少なめにしてあることがあります。スポンジが乾く前に器からこぼれないように、器の8分目くらいまでお水を足しましょう。花が挿してある根元の部分から流し込むように入れてください。








Step3
痛んだ花を取り除く
枯れてきたり、傷んだ花はこまめに取り除きましょう。健康なお花に水分や栄養分が行きわたりやすくなり、長持ちにつながります。



花束の楽しみ方




Step1
ラッピングを外す
お花を花瓶に入れられるように、ラッピングをすべて外しましょう。セロファン、ペーパー、リボンなどを解き、お花が浸かっているコットンや保水材なども外しましょう。保水ゼリーを使用していた場合は洗い流しましょう。







Step2
お花を切り戻して、花瓶に活ける
茎の先端1~2㎝を斜めにカットし、断面を新しくすることで新鮮な切り口からお水を沢山吸い上げ元気になります。長持ちをさせるコツです。





Step3
お水を変えてあげましょう
お花は新鮮なお水に入れてあげましょう。毎日お水を変えてあげるのがいいのですが、毎日は変えれないかたは、切花専用の延命剤(栄養剤)を使うことで花の咲き方が変わります。花の持ちも良くなります。切花専用の延命剤(栄養剤)には花のエネルギー源となる成分が入っています。また、水を清潔に保つ抗菌作用があることからお花を長持ちさせてくれます。お花を長く楽しめるように切花専用の延命剤(栄養剤)を活用してみましょう。
店頭にて販売しています。



Step4
痛んだ花を取り除く
枯れてきたり、傷んだ花はこまめに取り除きましょう。健康なお花に水分や栄養分が行きわたりやすくなり、長持ちにつながります。
花束・アレンジメントの通常ラッピング・メッセージカード無料で承っています。
scroll-to-top